大人になってもにきびができる原因

 

大人になってもにきびができる原因は、いったい何なのでしょう。にきびができる最大の原因は、毛穴が詰まり、そこに皮脂などの分泌物が溜まることです。毛穴の出口付近に長期間、皮脂などの分泌物が溜まることで大人にきびができてしまいます。大人になると、仕事で忙しくなるので、ついスキンケアを怠りがちです。そうすると、皮脂にアクネ菌が集まるようになり、毛穴の出口付近で炎症を起こすようになります。間違った洗顔や化粧方法は、肌への刺激が強くなります。肌荒れや毛穴のトラブルは、スキンケア不良や、肌のターンオーバーサイクルの狂いが原因になります。にきびができる原因は、大量な皮脂の分泌で、毛穴のトラブルを招くことにありますが、それだけではありません。大人になってもにきびができるのは、ホルモンバランスの崩れも関係しています。男性ホルモンが過剰に分泌されると、にきびができやすくなります。成人してから、男性ホルモンの分泌が増加するのは、ストレスや睡眠不足、飲酒、疲労蓄積、食事などが関係しています。大人にきびができる原因は、多種多様なので治すのが難しいです。