老廃物が原因でできるにきびの解消法

 

老廃物がいつまでも肌に留まると、にきびのリスクがアップします。たとえば、酸化した皮脂が毛穴に詰まると黒く変色し、雑菌が繁殖しやすい状態になります。老廃物が原因のにきびができたら、まずは洗顔を徹底することが大切です。
洗顔による解消法として覚えておきたいのは、泡で洗うということです。通常の洗顔剤よりも泡洗顔の方が毛穴の奥深くまできれいにすることができます。泡は毛穴の深くの汚れや皮脂までしっかりと吸着するので、力を入れなくてもクリーンな状態になります。手で泡立てても良いのですが、泡立てが難しい場合には泡立てネットを使用するのが簡単です。泡立てネットを使用して、できるだけキメの細かな泡を作ります。キメが細かければ細かいほど、毛穴の奥深くに入り込むことができます。
洗った後は、しっかりと保湿を行います。老廃物が溜まりやすい人は皮脂の分泌量が多いと思い込んでいる人もいますが、実は乾燥からも皮脂の分泌量が増えることがあります。また、混合肌の人も意外と多いので、保湿を行わないと乾燥がすすんで皮膚がかたくなり、よりコンディション維持が大変になります。しっかりと保湿をすることは皮脂の分泌量をちょうど良くコントロールすることにも役立ちます。

 

Gracieux


更新履歴